ダイエット サプリメントの選び方&摂り方

おすすめ!ダイエットサプリ・口コミ&ランキングからピックアップ

おすすめのサプリメント 〜ダイエット実践方法


ダイエットのためのサプリメントの利用というのは、賢く対処すれば利用価値があるものです。しかし、期待が大きすぎるためか、「これさえ飲んでいれば大丈夫!」なんて盲信する人もいるくらいです。さらに、サプリメントのコレクター、マニアになってしまって、あれこれ薦められるままに購入してしまうというケースもあるのです。
ダイエットの基本は「正しい食事」です。定期的な食事、栄養バランスのとれた食事、カロリーを摂り過ぎない食事が前提にあります。これに適度な運動を加味することで、ダイエット計画はほとんど完成しているといっても過言ではありません。あとは、「継続できるのか?」といった継続性を議論するような段階なのです。

サプリメントはあくまでも栄養補助食品です。サプリを摂ったから「痩せる」というのは妄想です。不足している食物繊維や特定のビタミンなどを「簡単に」補うのには役に立つということなのです。
ダイエットのためのサプリメントとしては、私がオススメするのは不足がちなビタミン系の補充と食物繊維の定期的な摂取が役に立つと思います。生野菜をバリバリ食べるというのも限界がありますから、そういった意味ではサプリメントは役に立ってくれると思います。

★サプリメント 食物繊維で検索★
食物繊維系のサプリメントとなると代表的なものは青汁でしょうか?その他はトレンドとして酵素系のサプリが良く話題になっています。

私のお気に入りの食物繊維系の補助サプリメントは顆粒タイプのものです。
水に溶いたり、食べ物にそのまま混ぜて摂ったりと扱いやすいのがお気に入りです。でも高いですけどね(^^;
食物繊維を摂ると同時に、ビタミンなど重要な成分を一緒に補えるので、実はこれ一つだけでサプリメントは十分!と言っても良いと思っているものです。サプリメントで面倒くさいことを考えるのがイヤな人は「これだけ摂っておけ!」という感じですのものです。ちょっとお高いので中級者向けですね。


サプリメントの効果は摂るタイミングで違ってくる


サプリメントを摂るタイミングでその効果に違いが出てくるそうです。せっかく購入したサプリメントなら効果的に消費したいですよね。

1.分割して摂る


1日のうちで一気に摂るよりも2〜3回などのように分割して摂る方が効率的に吸収されます。
用法が明確に書かれていないというのが誤解の原因なようも気がしますが、薬とは違う扱いになっているためです。薬事法ではサプリメントは食品(健康補助食品)として規定されているので、薬と同じような記載ができないのですね。

2.サプリによって飲むタイミングを最適化する


ビタミン系は良く利用するサプリメントですので注意してください。脂溶性と水溶性で推奨されるタイミングと分割の方法に違いが出てきます。

1.脂溶性ビタミン(A、D、K)の場合

脂分の多い食べ物と一緒に取ると吸収率が高いのが、脂溶性ビタミンです。
食事中から食後すぐに摂ると効果的なサプリメント成分です。
ただし、脂溶性ビタミンの場合、過剰摂取により肝臓に負担がかかると言われていますので摂り過ぎには十分注意してください。

2.水溶性ビタミン(B群、C、E)の場合

同じビタミンでも水溶性ビタミンのは、体に蓄積される量が少なく、余分なものは体外に排出されてしまうので、1日に2〜3回に分けて摂るのが良いとされています。まとめて撮っても効果的ではないタイプのサプリメントの代表例です。


3.アミノ酸(たんぱく質)

アミノ酸は食事とは一緒に摂らないように注意してください。
食事中は食べ物中のたんぱく質が優先的に使われるので効率的ではありません。したがって、アミノ酸をサプリとして補う目的で摂るなら、空腹時(食前30分もしくは、食後2,3時間経過後)が良いとされています。

このように目的によってサプリメントを摂るべきタイミングというのがあるのです。せっかく購入したサプリメントをムダにしないためにも、「分割」と「タイミング」を忘れないように注意したいものですね。

サプリメント 飲み合わせ


あれもこれもとサプリメントをいくつも購入してしまう方がいますが、成分が重複することで過剰摂取になる場合があります。複数のサプリメントを同時に摂る場合の「飲み合わせ」には注意が必要です。
一例としてダイエットでよくある燃焼系サプリメントの注意点です。
カフェインが含まれる場合があり、たくさん摂取するとカフェイン中毒になる可能性があります。一度にたくさん摂れば良いというような短絡的な思考で適用するのは厳禁ということです。計画的にサプリメントを摂取するようにしたいものですね。